ウルフ・アロン 16

こんにちは!
部員のウルフ・アロンです!

先日行われたグランプリブダペストで優勝することができました!

これもひとえに応援してくださる皆様のおかげだと思っています!

また来月の世界選手権にいい準備ができるように努力していきたいと思います!

今月の1日から半月海外にいたので日本の食事の美味しさを噛み締めながら生活しています笑

やっぱり日本っていいですね🇯🇵

OB 竹澤稔裕

こんにちは。了徳寺学園柔道部OBの竹澤です!

これまで関東学園大学で教員をしておりましたが、4月より勤務先が変わり、現在は順天堂大学に務めさせていただいております。

場所は印西市にあるさくらキャンパスなので、了徳寺大学のある千葉県に戻って参りました。この場をお借りしてご報告させていただきます。

話しは変わりますが、ずっと頭を悩ませていた大学院博士課程の方が、6月をもちまして無事に修了を迎えました。お世話になった方々に本当に感謝いたしております。
また柔道の審判においてもコンチネンタルの資格を取得させていただける機会に恵まれタイに行って参りました。今年はこれまでやってきたことがようやく芽を出してきたという印象です。花が咲いて実をつけるまでこれからも頑張りたいと思います。

タイに行った際に、自分自身の尺度を広げるためサソリを食べるという体験をしてきました。かなり大きなサソリで、内臓はサザエの肝のような味がしました。そしてその日の夜、サソリを食べる夢を見ました。次の日の朝、一回り大きくなっている自分がいました。

何事もチャレンジ精神を忘れることなく精進していきたいと思います。

渡邉勇人 52

こんにちは。

ブログをご覧の皆さん夏に向けて仕上がってますか?

私は体重が100キロを超え締まりのない体になっています。

去年81kg級で試合をしていたとは思えません。

気になるのは金丸ボディです。

73kg級だったとは思えません。

そんな金丸先生もスペインで日焼けをしてかなり仕上がっていることでしょう。

私は痩せる気がないので、とりあえず今年の夏は諦めます。

来年の夏にはかっこいい体に仕上げておきます。

乞うご期待。

ダニエル・ディチェフ 4

皆さん、こんにちは!

ベラルーシで行ったヨーロッパ大会から日本に戻りました。大会でエストニアのミナスキン選手と戦いました。

ヨーロッパ大会は上手くやられました。その後、ブルガリアナショナルチームと練習しました。

これから世界大会のために、準備して、頑張ります!

2019グランプリ・ブダペスト結果報告

GPブダペスト2019大会3日目に、本大学職員柔道部から男子-100kg級にウルフ・アロンが出場しました。

-100kg級2回戦

ウルフ(日本) 〇(一本勝:大外刈)VEG.Zsombor(HUN)

ウルフは初戦(2回戦)、地元ハンガリーのVEG.Zsombor(HUN)と対戦しました。
開始早々に相手に奥襟を持たれて潰され指導を1つ受けます。その直後、大内刈で技ありを奪います。その後、ウルフが支釣込足で相手を潰し、絞めから寝技に移行しますが7秒で逃げられます。その後、組際の大外刈で一本を奪い、3回戦に進出しました。

-100kg級3回戦
ウルフ(日本) 〇(棄権勝)ISHIMOV.O(RUS)

ウルフは、3回戦ロシアのISHIMOVと対戦しました。序盤に消極的という事でウルフに指導が1つ与えられます。その後、中盤に相手ともつれた際に相手が膝を負傷し、相手の棄権により準々決勝にコマを進めました。

-100kg級準々決勝
ウルフ(日本) 〇(一本勝・小外掛)DVARBY.J(SWE)

ウルフは、準々決勝スウェーデンのDVARBYと対戦しました。ケンカ四つの戦いで相手が引き手を持たせないとして相手に指導が与えられます。その後もウルフが積極的に攻め2つ目の指導が相手に与えられます。ウルフのペースで終始試合が進み、試合終了間際にウルフの小外掛が決まり、一本勝ちで準決勝進出を果たしました。

-100kg級準決勝
ウルフ(日本) 〇(GS一本勝・崩上四方固)FONSECA.J(POR)

ウルフは、準決勝ポルトガルのFONSECAと対戦しお互い決めてなく試合が進みます。試合中盤にウルフにだけ消極的ということで指導が1つ与えられます。その後、相手に掛け逃げ指導が1つ与えられ罰則で並びます。その後もう一度相手に掛け逃げの指導が与えられ本戦の4分が終了し、ゴールデンスコアに突入します。GS突入後相手が潰れたところを寝技へ移行し、崩上四方固による一本勝ちで決勝進出を果たしました。

-100kg級決勝
ウルフ(日本) 〇(一本勝・内股)MINASKIN.G(SWE)

決勝戦はMINASKIN.G(SWE)と対戦し、序盤から積極的に攻め、組んでこない相手に対して指導が1つ与えられます。その後、試合中盤にウルフが内股で「技あり」を奪います。その後も終始ウルフのペースで試合が進み、2度目の指導が相手に与えられます。それから間も無くして、ウルフの内股が見事に決まり、オール一本勝ちで優勝を果たしました。

初戦から非常に落ち着いた戦いぶりで、世界選手権前に非常に本人にとって自信となる大会になったと思います。

男子-100kg級
優勝:ウルフ・アロン(日本)
2位:MINASKIN(EST)
3位:CHO,G(KOR)
3位:CATHARINA,S(NED)

2019 東京都柔道接骨師会柔道大会結果報告

本日、講道館で開催されました東京都柔道整復師会柔道大会にて参加し、おかげさまで当校は男子団体戦で18年連続、18回目の優勝を果たすことが出来ました。皆様のご声援に感謝するとともに、ご報告をさせて頂きます。

【男子団体戦】
準決勝 了徳寺学園  4-1 中央医療専門学校
先鋒 忍田裕哉 ○- △ 高須歩
次鋒 尾方寿慶 ○- △ 元島 貴幸
中堅 田上 創  ○ -△ 三門 聖也
副将 上野雅希 △ -○ 星野屋 賢
大将 菊池優充 ○ - △ 坪井 孝太

決勝 了徳寺学園  3-0  日本柔道整復専門学校
先鋒  忍田裕哉  ○ - △ 番場太一
次鋒  尾方寿慶 ○ - △ 木下哲郎
中堅  田上 創  ○ - △ 黒岩剛輝
副将 上野雅希 × 吉田秀一
大将 菊池優充   ×  枠谷拓哉

【女子個人戦】
1回戦
池田楓 △ (判定)  ○  松井絵吏(日本工学院八王子)
吉田早織 ○ (縦四方固) △  大塚千裕(中野区)
2回戦
吉田早織 △ (判定)  ○  勇茉悠(中野区)

次の試合は8月6日(火)に東京武道館にて行われる全国柔道整復学校協会柔道大会となります。東京大会の勢いをそのままに全国大会でも優勝目指して頑張ってまいります。

今後とも了徳寺学園医療専門学校柔道部もよろしくお願い致します。

秋本啓之 136

お久しぶりです。

現在GPブダペスト帯同の為、ハンガリーはブダペストに来ています。

本大学職員柔道部からは、大会最終日に男子100kg級にウルフ・アロンが出場します。

選手の足を引っ張らないよう細心の注意を払いつつ、サポートしていきたいと思います。

日本から熱い声援宜しくお願いします。

OB 井上安弘

こんにちは‼︎
OBの井上安弘です。

描きたいネタを全て嫁に書かれてしまい、それはねぇ〜だろと部屋の片隅で1人嘆いております。

それでは、気を取り直して今回は3月に東京都で開催された大会について書かせていただきます。

その大会は柔道家の聖地でもあり、高校生にとって憧れの場所でもある日本武道館にて行われた全国高等学校柔道選手権大会です。

1年前は、完全に会場の雰囲気にのまれてしまい、経験不足を痛感いたしました。

今回の結果は…

81kg級にて準優勝。

あと一歩というところで力及ばず敗退となりました。

しかし、敗れはしたものの本当に素晴らしい柔道をしてくれました。

最後まで諦めずに攻め抜く姿には、とても感動をさせられました。

何より日本武道館という大舞台で観客席の視線を独り占めしながら行われる決勝戦を経験させてもらえた教え子には感謝の気持ちで一杯です。

これから高校生にとってまた熱い夏が続きますが、鹿児島県で開催される『感動は無限大 南部九州総体』では、リベンジを果たし、最高の夏となるようにしっかり仕上げていきたいと思います。

この結末はいかに‼
乞うご期待‼

最後になりますが、東京にて開催されます世界柔道選手権大会に出場される了徳寺学園柔道部の皆さんのご活躍を祈念しております。

頑張れ‼︎
了徳寺学園柔道部‼︎‼︎

金丸雄介 143

「よく海外行かれるんですか?」

「はい。大会や合宿でよく行きます」

「へぇ〜、うらやましいです」

「でも、ホテルと会場の行き来だけで、なにも楽しいことはありませんよ」

https://youtu.be/nK3nqzZPgwQ

スペイン、アリカンテでの合宿。
今回ばかりは、部屋にいるだけでも満喫できたなと思います。

すでに現実の世界に戻って働いてます。
無駄に焼けた肌と時差ボケと共に…

OB 佐藤武尊

【了德寺学園について思う事】

お世話になっております。
了德寺学園OBで、現在、皇學館大学教育学部の佐藤武尊(さとうたける)と申します。

2012年に現役を引退しまして、今は三重県伊勢市にて大学の教員をしながら、学生達と毎日四苦八苦しながら一緒に頑張っております。

うちの学生はすごいです。
他のどの大学よりも質の高い稽古、それに泣きながら食らいつきます。

さて、チーム了徳寺について一言だけ。

「こんなに恵まれた環境はない」

理事長が暖かい、監督が熱い、コーチが近い。

こんな環境は他にはありません。

兎角、後輩選手たちに申すのは烏滸がましいかもしれないが、それは今もこれからもずっと感じて欲しいです。

理事長に「柔道は人間教育。武尊、お前は教員になりなさい」とおっしゃって頂いた事。その一言が決定打になり、今に至ります。

監督には柔道の技術的な事は当然ながら、社会が何たるものか、大人としての立ち居振る舞いを教えて下さいました。

石井先輩や金丸先輩には、大学時代から、どうしようもないやんちゃ坊主な私をカウボーイのようにコントロールしていただき。

今があります。

家族のような。
こういうチームに関わらせて頂いた事。一生の宝物です。

今は学生達と共に、夢に向かって突っ走っています。
あの時があって今があります。

という事で、今思う事。
山田先生!OBOGの皆さん!OB会やりませんか?
もんたがやります!!!
よろしくお願いします!