最終日!

7月24日から始まった柔道競技も今日の金剛団体戦で最後になります。

ここまで日本チームは執念のこもった戦いぶりで、予想を遥かに超える活躍を見せてくれました。

4年周期が1年延び、観客もない中での異例の開催となりましたが、そんな事を一切感じさせない真実の戦いが畳の上で繰り広げられています。選手達の全てを賭けたその姿は、さまざまな雑音を吹き飛ばし、私たちに大きな感動とエネルギーを与えてくれました。

スポーツマネージャーを拝命してはや5年が過ぎました。選手達の魂の戦いに応えるべく、最後までやり遂げたいと思います!

そして日本チームが有終の美を飾れるよう、頑張ります!

監督