新小岩整形外科 新小岩にある整形外科・リハビリテーション科 JR新小岩駅から徒歩14分
お問い合わせ 電話番号 03-5879-2271 住所 東京都江戸川区本一色1-21-3 医療法人社団 了徳寺会

診療案内 院内紹介 お知らせ アクセス
整形外科・リハビリテーション科


アクセス

リンク

医療法人社団 了徳寺会

両国みどりクリニック

葛西整形外科内科


高洲整形外科

船堀整形外科

上青木整形外科

ストレスフリー療法

地図と診療科名で探す

東京なび



◆整形外科

骨折、脱臼、打撲、捻挫などの日常で起こるケガやスポーツ傷害、交通事故などによる外傷及び、肩こり、腰痛、膝の痛みなど運動器の疾患を扱う整形外科診療を行っております。

◆自費診療
・特殊外来/コンディショニングセンター
PRP次世代PRP5月より実施予定

◆物理療法室
主に外傷、スポーツ外傷・障害、慢性疾患などの治療をしています。個々の症状に合わせて、適切な治療メニューを組んで治療を行います。

【物理療法とは】
様々な医療機器を使い、肩こり、腰痛、膝の痛みなどの慢性症状や、骨折捻挫などの急性症状に対する痛みの除去、筋緊張の緩和、患部の血流改善などを行います

【 外傷(急性) 】
整形外科医による診断・指示のもと、骨折・脱臼・捻挫・挫傷・打撲などの休晴外相及びスポーツ外傷を柔道整復師が治療・固定・処置・テーピング指導、生活指導を行います。固定後のリハビリ期間が短くなるように、機能的な固定を心がけています。また、再発防止のための指導もしております。
  

  

【 慢性疾患 】
頸や肩のこり、五十肩、腰痛、ぎっくり腰、テニス肘、野球肘、膝の痛み、足の痛み、外反拇趾など、その他の様々に対して電気治療、マッサージ、ストレッチ、テーピング指導を行います。来院されたその日の症状の具合や程度をお伺いし、治療後の症状緩和を実感して頂くことを常に念頭に置いた治療をしております。


◆リハビリテーション科
リハビリテーション室では、変形性関節症、肩関節周囲炎(いわゆる五十肩)、骨折後拘縮、整形疾患術後、スポーツ障害などの整形疾患や慢性期の脳血管障害などの中枢神経性疾患を医師と相談の上、機能訓練・運動療法・物理療法を理学療法士が行っております。


【理学療法士とは】
理学療法士はPhysical Therapist(PT)とも呼ばれます。ケガや病気などで身体に障害のある人や障害の発生が予測される人に対して、基本動作能力(座る、立つ、歩くなど)の回復や維持、および障害の悪化の予防を目的に、運動療法を用いて、自立した日常生活が送れるよう支援する医学的リハビリテーションの専門職です。 理学療法士を一言でいうならば動作の専門家です。寝返る、起き上がる、立ち上がる、歩くなどの日常生活を行う上で基本となる動作の改善を目指します。関節可動域の拡大、筋力強化、麻痺の回復、痛みの軽減など運動機能に直接働きかける治療法から、動作練習、歩行練習などの能力向上を目指す治療法まで、動作改善に必要な技術を用いて、日常生活の自立を目指します。 また、日常生活以外にもスポーツでの外傷や傷害後のリハビリテーションも行います。


【スポーツリハビリテーション】
サッカーをはじめとする各種スポーツの障害は、オーバーユース(使い過ぎ)やフォームの乱れ・体の使い方によって局所的にストレスがかかり痛みを引き起こします。 それらの障害は、スポーツを一旦休むことでストレスがかからなくなり、痛みが軽減することもありますが、再度スポーツを行うことで同様のストレスがかかり、痛みを伴うこともまれではありません。 フォームの乱れ・体の使い方は技術的な問題や認識的な問題以外にも筋力の不十分さや関節の硬さなどにも大きく左右されます。 各々が抱える問題点の改善を目指し一日でも早い競技復帰を目指します。また、外傷や傷害により起こりえる二次的な障害予防にも務めパフォーマンス能力の低下を最低限に抑えていきます。

【新小岩整形外科での関わり】
骨・関節・靱帯の疾患または損傷を原因として、関節可動域制限、筋力低下、疼痛を主訴とした機能障害が出現します。理学療法ではこれらの症状を維持・改善または予防することにあります。  そのため、リハビリテーションでは、過剰に硬くなった筋を十分弛緩させる、筋力と持久力を増強する、体力を高め全身状態の改善をはかる、正しい運動・ストレスのない動作・姿勢の獲得を目指します。 徒手療法・運動療法を中心に関節運動、ストレッチ、筋力強化、バランス練習、自主トレーニング指導などを行っていきます。また、日常的な動作やスポーツ動作の指導も行っていきます。 スポーツ外傷・傷害に関しては、出来る限りスポーツ活動を継続したまま、関節可動域制限、筋力低下、バランスの低下など能力の向上を目指すとともにフォームの乱れの改善や身体の使い方の指導により、怪我が発生しにくい身体を目指します。 フォームに関しては、大きな修正は行わずストレスのかかっている問題のある動作の修正のみ行っていきます。 (当院では、フォームに関しては、所属するチームの指導者との連携が取れればと考えております。)

■ 運動療法
マット、平行棒、姿勢矯正鏡、自転車エルゴメーター、重錘バンド、練習用腰掛、プッシュアップ台、各種装具、歩行舗装具、バルーンが設備されています。 バルーンを用いて、筋力・可動性・バランス・協調性や感覚運動系を刺激するなど多種多様な運動に用いられます。また自転車エルゴメーターを使用しての全身持久力訓練や、重錘バンド・徒手抵抗による筋力トレーニングなどを行っています。

  

■ 徒手療法
患者様の訴えの多い関節・筋肉の痛みや機能障害を始めとする身体的異常メカニズムを理学療法士が評価し、徒手にて軽減・改善し、患者様自身の 自然治癒力を促通させます。


【当院リハビリテーションの特徴】
1.患者様の「良くしたい」気持ちを大切にしています。 今まで改善・回復されず治療を断念されていた方、痛みが毎日続くことで生活行動範囲が狭小化されている方や今後機能低下に不安がある方々に対し、患者様の潜在能力を評価し、ご本人の希望に近付くよう治療をすすめております。

2.一対一の完全個別治療を担当致します。 (完全予約制) 医師の診断により、理学療法が必要な場合は、理学療法士が一対一で治療を担当します。 早期に適切な理学療法を物理療法と併用することにより、治療効果は格段に向上します。 患者様一人一人に対して、必要に応じた時間により治療を実施しています。 完全予約制のため、予約時間にお越し頂ければ待たずに治療を受けて頂けます。

3.付属の学校法人より実習生を受け入れております。 学校法人了德寺会から実習生を受け入れ、後輩の育成に力を注いでいます。その為に各セラピストは勉強会等に積極的に参加し、質の高いリハビリを提供するよう心がけております。



・リハビリの時間は、基本40分間です。(人によっては20分の場合もあります。)
・リハビリテーションの期間は運動器疾患の方で150日間となっております。


   新小岩整形外科 〒133-0044 東京都江戸川区本一色1-21-3
電話番号:03-5879-2271
Copyrightc2012 shinkoiwa-c. All Rights Reserved.