了徳寺大学開発の温熱刺激を利用したストレスフリー療法を開始しました

 

ストレスフリー療法

トップページ > 患者様のお声

患者様のお声

■M様 68歳 【癌】
すい臓癌と診断された時には肝臓にも転移があり、手術をせずに抗がん剤治療のみの選択をされた。
吐き気・浮腫みはないが、痛みで睡眠不足が続き、食事が取れなくなった。

ストレスフリー療法を毎日行い1ヶ月程で食欲が増し、疲労感が軽減されている。
今では、自分で運転し外出出来るようになった。

現在は、腫瘍が小さくなり小康状態を保っている。
癌になってから足が冷たくなり疲労感があったが、現在では徐々に改善してきている。



■H様  62歳 【高血圧】
心臓のステント手術し、6種類の薬を服用していた。
その一つが降圧剤で服用して収縮期血圧が120~130 拡張期血圧が70~80で落ち着いていたが、薬を1種類でも減らしたかった。

ストレスフリー療法と出会うきっかけは系列クリニックで流れている紹介ビデオだった。
継続して約1年になるが、今では降圧剤を飲まずに100~110/60~70で安定している。

また、寝つきも改善され、朝まで1回も起きず睡眠出来るようになった。
ご主人にも紹介し、今ではご夫婦で通っている。



■Y様  65歳 【糖尿病】
約20年以上糖尿病と付き合っている。
食事制限も運動もしっかり行っているが血糖値もHbA1cも一向に数値の改善がみられない為、ストレスフリー療法を取り入れた。インスリン注射と薬も併用している。

ストレスフリー療法を実施してから、以下のように下がっている。
初診時  :HbA1cは8.5 血糖値285
約1年半後:HbA1cは7.2 血糖値92

当初、HbA1cも血糖値に波はあったが継続することで上記の数値の状態になった。
糖尿病だけでなく血圧の安定や皮膚のひび割れにも効果が出ているので、とても驚いている。



■U様  52歳 手足の冷え
運動後も足の冷えを感じ夏でも靴下履いている。
ストレスフリー療法を体験し、初診時の治療後から足の温まりを体感できた。

4回目を受けたあたりから『冷え』を忘れるくらいにフローリングでも靴下を履かずに過ごすことが出来ている。
以前は、ストレスを受けると一時的に手足が冷たくなっていたが、今ではストレスに強くなり冷えを感じなくなった。

徐々に、通院間隔を空け、また季節が変わり秋冬になっても改善した状態が継続されている。
ストレスフリー療法を受けることで、手足の冷えだけではなく睡眠の質も上がり、食欲も出てきた。



■I様 62歳 うつ
外出出来ず、痛みで睡眠が取れない状態が続きうつ状態になり、さらに安定剤・睡眠導入剤・鎮痛剤も服用しているので身体がボロボロになっていた。
娘の紹介がきっかけでストレスフリー療法を始めた。

ストレスフリー療法を継続して約2年。睡眠がとれ、薬も減らし、現在では半分の量になった。外出もでき家事もしっかりこなしている。

家族からは『性格が明るくなり、日々の生活に一杯一杯だったのが他の事に目が行くようになり自ら外出しようという気持ちになっている』と言われた。

ストレスフリー療法を継続することで身体の痛みも改善し、気持ちに余裕ができ、心の洗濯も出来ている。


※掲載されている内容は患者様個人の感想です。治療の効果を保証するものではありません。

患者様からの質問と回答

今まで、患者様から頂きました、代表的なご質問と回答をまとめました。
こちら(pdf形式)に掲載しております。

0120-889-853

メールでのお問い合わせはこちら

ご挨拶

 
〒130-0021
東京都墨田区緑1-19-9
JR両国駅から徒歩5分
地下鉄大江戸線両国駅
A5出口より徒歩2分

採用情報

ストレスフリー療法
〒130-0021 東京都墨田区緑1-19-9 TEL:03-5669-8116

Copyright©2012 ryogoku midori-c. All Rights Reserved.