了徳寺大学開発の温熱刺激を利用したストレスフリー療法を開始しました

 

ストレスフリー療法

トップページ > ご挨拶

ご挨拶

ストレスフリー療法とは

ストレスがほとんどの病気の原因になっていることは周知の事実です。病気を予防したり、病気を治す方法として、ストレスをとる方法は人類史上忘れられてきたのです。私たち了徳寺大学は、特定の体表点に温熱刺激を与えることによりストレスをフリーにすることを発見しました。その効果は極めて大きく、体温上昇、血圧正常化、血糖値の改善、心機能の安定など各種疾病を治癒に導くことがわかりました。これは本来私たちが持つ回復力(恒常性機能:ホメオスターシス)を高めることがこの治療の原理です。

※診療費は自費診療(保険適用外)となります。

ストレスフリー療法研究会 会長紹介

了徳寺 健二
了徳寺 健二
学校法人
了徳寺大学理事長

ストレスフリー療法について

学校法人了徳寺大学では、大学健康科学部を中心に了徳寺学園医療専門学校、医療法人了社団了徳寺会で共同研究をおこない薬剤を使用しない新しい治療法「ストレスフリー療法」を誕生させました。

ストレスフリー療法とは
薬物や注射などを使用せず、未知の体表点に火傷を起こさない程度の温熱刺激を与えることにより、自然治癒力を活性化するものです。このストレスフリー療法によりストレスホルモン減少、皮下温度の上昇、血圧、血糖値の正常化に加えて食物の消化吸収促進ホルモン、代謝活性ホルモン(アディポネクチン)などの分泌が高まることが明らかとなり、成人病予防効果をはじめ高血圧、糖尿病などが改善し、効果をあげています。
ストレスフリー療法の科学的効果は
ストレスにより分泌されるストレスホルモンにはアミラーゼ、コルチゾール、副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)などがありますが、ストレスフリー療法によりこれら全てのストレス物質の分泌抑制が認められました。さらにストレスがあると手足は冷え、皮下温度は低下し、食物の消化吸収機能も低下しますが、血管の拡張作用がある血管内皮細胞増殖因子(VEGF)や消化吸収を促進させるガストリンが平常時の5倍に増加して、冷えの改善、血圧正常化さらに血管年齢を若返りさせるとともに、腸管の消化吸収を高めることが血液分析により科学的に証明されました。
また、これらの科学的効果には、長生き遺伝子出現を促すと言われる代謝活性ホルモン(アディポネクチン)の分泌が高まることも証明されており、既に成人病予防効果をはじめ高血圧、糖尿病などが改善し、効果をあげています。
トレランス(免疫寛容)
更に先述のVEGFの分泌亢進の他、VIP(血管作用性小腸ペプチド)も1.9倍増量することがわかっており、これらが相互に作用して私たちの免疫のバランスを整えていると考えられます。したがって、アレルギーの目安とされるIgEが3回の治療で20%減少することが確認されており、アレルギーや自己免疫疾患に効果が期待されています。

0120-889-853

メールでのお問い合わせはこちら

ご挨拶

 
〒130-0021
東京都墨田区緑1-19-9
JR両国駅から徒歩5分
地下鉄大江戸線両国駅
A5出口より徒歩2分

採用情報

ストレスフリー療法
〒130-0021 東京都墨田区緑1-19-9 TEL:03-5669-8116

Copyright©2012 ryogoku midori-c. All Rights Reserved.