船堀整形外科

Back

船堀整形外科 診療案内 リハビリテーション

■ リハビリテーションとは
同じ診断名でも生活様式・仕事・過去に怪我した経験などが違うため、同じ身体の方はいません。1人1人の身体には特徴があります。
その為、まず、患者様のお困り点をヒアリングし、身体動作確認やテストを実施し評価します。その後、身体の問題点を抽出し、各個人に合わせたプログラムを組み治療します。
具体的な治療は、『徒手療法・ストレッチ・姿勢調節・運動療法(ストレッチポール等の器具を使用)・動作指導』を行っていきます。リハビリ時間も2単位40分間ありますので、自主トレーニング指導も行っています。
当院では、肩・腰部・股・膝・足などの各関節痛や骨折後のリハビリテーションだけではなく、産前後リハビリ(腰痛等)・脳卒中後遺症による関節の痛み・スポーツパフォーマンス向上、スポーツ障害予防などにも対応致します。

また、痛みの改善だけでなく、痛みの予防や転倒予防、身体のコンディショニングのための運動指導なども行っています。

さらに、野球・サッカー・ダンスなどスポーツの動作チェックや動作指導も行っています。 気軽にご相談下さい。
※リハビリテーション(理学療法)は、医師の指示の下、行なわれている為、診察が必要となります。


①スポーツリハビリテーション
野球をはじめとする各種スポーツの(バスケットボール・バレーボール・テニス・サッカー・ゴルフ等) 動作はフォームや身体の使い方が痛みを引き起こす大きな要因となります。
スポーツを休むと痛みは軽減しますが、再び始めようとすると痛みが再発するリスクが高くなります。それは根本的な要因が改善されてないからです。
フォームや身体の使い方は技術的な問題だけではなく、関節の硬さや筋出力、姿勢、筋のアンバランスなどによっておきます。悪いフォームや身体の使い方は局所に大きな負担をかけ、結果として痛みが生じます。
当院では、出来る限りスポーツ活動を継続したまま,フォーム改善や身体の使い方の指導により、怪我が発生しにくい身体つくりをする為、マンツーマンで理学療法士が治療いたします。

②産前後リハビリテーション 出産後から『腰痛が出現した・尿が我慢できなくなった,腱鞘炎や肩こりがひどくなった』などの悩みがある方も多いと思います。姿勢の改善や出産により低下した筋の機能を向上させるトレーニングすることで改善することも多いです。
そのままにしておくと、痛みの部位が多くなり、身体の調子が悪化する原因になる可能性がある為、気軽にご相談下さい。具体的なリハビリ内容は、肩凝り,腰痛,腱鞘炎などの疼痛や子供の抱き方,持ち上げ方などの指導なども行えます。

③脳卒中後遺症の関節痛
以前より、歩行がスムーズではない為、外出を控えている方、立ち上がりや寝返りがやりにくくなったなどの動作に対してアプローチしていきます。
活動する機会が減ると、体力がなくなり、関節の痛みが出現する場合もあります。その為、関節の動きをスムーズにすることや痛みの軽減をすることにより、身体を動かす為のベース作っていきます。

■ 運動療法
マット、平行棒、姿勢矯正鏡、自転車エルゴメーター、重錘バンド、鉄アレー、練習用腰掛、プッシュアップ台、各種装具、歩行舗装具、バルーンが設備されています。
今、巷で流行のバルーンを用いて、筋力・可動性・バランス・協調性や感覚運動系を刺激するなど多種多様な運動に用いられます。
また自転車エルゴメーターを使用しての全身持久力訓練や、重錘バンドや鉄アレーを使用しての筋力トレーニングなどを行っています。
多種多様な疾患に対し、理学療法士が患者に合ったプログラムで治療を行います。
尚、装具や歩行補助具に関しても相談に応じています。
その際、患者様とマンツーマンで運動療法を行いますので予約制とさせて頂いておりますこと、ご了承下さい。

■ 物理療法
頚椎、腰椎介達牽引、過流浴があります。
腰椎牽引は動作時の痛みを考慮した最新型の機器で、椅子に腰掛けるように機会に座ると自動的に横になり、治療が開始します。
リラックス出来るように音楽が流れるようになっています。
過流浴は、水流でのマッサージ効果とお湯の温熱効果により関節や筋肉が柔らかくなってきます。

TOP

ストレスフリー療法研究会